chez tora特製 栗のパイ包み焼き

渋皮煮つながりでもうひとネタ。

昨日、この季節、自分で渋皮煮を作らないとウズウズすると書きましたが、もうひとつどうしても外せない渋皮煮があります。
それが、MES ENFANTS CAPRICIEUXの杉本先生、いえ、chez toraの杉本シェフ特製、この時季恒例の栗のパイ包み焼きです♡
d0258538_1884789.jpg

あ~、写真撮るとき何か比較できるものを置けばよかったな。。。
というのもこれ、すっごく大きかったんです!
先生のお話では、私がgetしたこの子、今年作った中でも相当大きかったのだそう!
ラッキーーー(☆≧∀゚)b☆LЦСКУ☆d(´∀≦●)

少し前に杉本先生のブログに丹波から栗が届いたと書いてあったのを見てから、このパイ包み焼きの販売開始のお知らせを指折り数えて待っておりました♪
でも、今年は少し前のレッスンのときに
“今年は栗を頼むの忘れちゃったんですよね~。なので、今年はなしってコトで!”
と先生から言われて、冗談だと分かっていながらも、そこにいた生徒全員で即、
“絶対ダメです!!!”
と断固拒否していたのですが、無事に販売されて良かったですわぁいヽ(∀`ヽ●)(ノ●´∀)ノ わぁい♪

先生のケーキやお菓子は、その殆どすべてが先生の手作業で作られます。
もちろん、このパイ包み焼きも例外ではなく、渋皮煮もパイ生地もそう。
なのでこれ、超・数量限定なのです!
今年も生徒や常連さんの予約でほぼ完売となってしまったようで。。。
私もレッスンの申込と合わせて2つ予約したのですが(あ、そのレッスンのことはまた後日UPします!)、数日後には完売となっていたようだったので、ギリギリだったのかも?
来年はもっと早めに予約しないと!

本当は、2つと言わず10個くらいほしいんですけどね~(そんなことしたら先生に何て言われるかww

さて、中身はどうなっているかといえば。。。
d0258538_1885012.jpg

大きな渋皮煮が丸ごとゴロンと・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・

やっぱり、杉本先生の渋皮煮は美味しい♡
私が毎年作るのも杉本先生のレシピなんですが、色々と違うんだなぁ。。。
そして、先生のパイ生地も本当に美味しい。
そしてそして、この渋皮煮とこのパイ生地の組合せがまた、何というかバランスが絶妙で、とにかく美味しいのです!
これを食べるときはまさに至福のときです+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.

先生のお菓子って、本当に美味しい。(しみじみ)
こういうシンプル(って言っても、作る手間は尋常じゃなく大変で、全くシンプルではないのですが…)なお菓子は特に美味しいと思います。
食べていてホッとするし、いつまででも食べていられそう。。。


今年は私もパイ包み焼きに挑戦しようかなぁ。。。
フィシュタージュかぁ。。。。。
いつから作ってないんだろうwww
うーん(´・c_・` )ウーン・・

もし万が一作ったら多分ブログにもupすると思いますが、一切期待しないで下さいw
というか、聞かなかったことに。。。(←じゃあ書かなきゃ良いのに



レシピブログに参加中♪



アメブロはこちら↓↓↓
d0258538_18493861.jpg
fait main de CHAR

[PR]
by fait-main-de-char | 2012-10-23 18:36 | ソトごはん&sweets | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fmdchar.exblog.jp/tb/17042569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。