タグ:タルト ( 31 ) タグの人気記事

寒いですね…
東京の最高気温12度ってなにそれ…
寒いの嫌~っ!!!

え~っと、今日はまだまだ暑かった8月の岩柳先生のレッスンのお話です。
d0258538_11263214.jpg
実はこのレッスン、前回upしたカサゴ・シロギスリレー船の翌日の午前中のクラスだったんですよね。
そして、雨のリレー戦で疲れてたところに夜飲みに行ったら、見事翌日(つまり、このレッスンの日)は二日酔いだったという。。。。。
で、そんな二日酔いの日のレッスンメニューがタルト・ヴァンショー・フリュイドセック。
ヴァンショーってご存知ですよね?そう、ホットワインです。
そいうことで、上の写真のお鍋に入っているのが赤ワイン。
普段だったらキャッキャするところですが、二日酔いの日に鍋から上がるアルコールを嗅ぐことになろうとは…
まぁ、無事でしたけどもw

d0258538_11263216.jpg
ホロホロになるように仕上げたタルト生地にダマンド、そこにヴァンショーで炊いたドライフルーツをこれでもかと乗せて焼き上げます。
そして、ヴァンショーを使ったナパージュを塗って、上にもドライフルーツやイチジクを乗せてデコレーション。
おとなのタルトでした!

私が実習したのはこんな感じで。
d0258538_11263284.jpg
焼き上がったタルトにナパージュを塗ったところ。
ナパージュはたっぷり目に塗りました。
あ、ちなみに、私は分量のドライフルーツをほとんど生地に使ったんですけど、もう少しデコレーション用に残しても良かったみたい(苦笑)

d0258538_11263203.jpg
まれにイチジクがナスに見えたりするらしいので(笑)そうならないように気を付けて仕上げました!
あと、絞り袋を使うのが面倒だったので、クリームはクネルで仕上げてます。

d0258538_11263266.jpg
いつものように朝ごはんに頂きましたが、これは朝ごはんというよりも、夜のデザートに、ワインと一緒に頂く方が合いそうです。


あ、上の写真でお分かりいただけたかもしれませんが、この時も仕上げは宿題で、試食はこちら。
d0258538_11263257.jpg
パフェです!
最近、レッスンの試食はパフェと決まったのでしょうか?
このところず~っとパフェですね。
パフェ大好きなのでウェルカムですけどね~(*´艸`*)

d0258538_11263326.jpg
アイスクリームは大好きなカシス♡
大きなブルーベリーは南アルプス産なのだそうです!

d0258538_11263342.jpg
そして、こちらの白いのはなんとブルーチーズ!!
これ、ワインに合わせていただくべきパフェですよね、きっと。。。

そう、ワインに合わせるべきでした。
が、↑に書いたとおりこの日はなかなかの二日酔い。。。。。
とてもアルコールを頼む気持ちにはなれず、アイスコーヒーで頂きました。
そしたら、パフェを食べ進めていくうちにどんどん元気になっていって、最終的には「やっぱりワインにしておけば良かった…」と言い出す始末でした(笑)

レッスン前の飲み過ぎ、ダメ、絶対…


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
気づけば3月!
早いですね~。
もう春はすぐそこですかね。
早く暖かくなって欲しいなぁ。。。

さて、最近ずっとレッスン、食べ歩き、釣りのことしか書いてませんでしたが(でもまぁ3種類もあればそれでいいかw)たまには家でお菓子作ったよ~ってお話も書いてみようかなと。
っていっても、だいぶ前のお話でして…(苦笑)

さかのぼること去年の秋…確か11月だったかな。
そろそろ冷凍庫に眠っているタルト生地とかアーモンドクリームとかを使わなければと思い立って、久しぶりに夜中にオーブン稼働!
さすがに11月、それも夜中となるとタルト生地が扱いやすいw
生地もクリームも適度にやわらかくなってくれて、ちょうどいい時期ですね。
ということで、焼き上がったのがこちら。
d0258538_11263246.jpg
ものすごく久しぶりに作り始めると楽しくなっちゃって、生地休めてる間にこっちの生地を…とか調子に乗って一度に2台焼いたりしちゃうんですよね(笑)
しかもこの2台、全然違う種類ですけどw

d0258538_10224892.jpg
手前の方は、冷凍庫にあったブリゼ生地とマロンのダマンドと渋皮煮を組んで焼いたもの。
こうやって書くと、もはや手抜きにしか見えませんね。
まぁ、でも、イチから作るとそこそこ手がかかるんですよw
渋皮煮とか3日くらいかかりますからね。。。

d0258538_10224794.jpg
奥の方はタルト・オ・ポムカシス。
このタルト、大好きなんですけど、ものすごく手間がかかりますw
今回もシュクレは冷凍庫にありましたけど、それ以外はほぼ作りましたので、こっちは結構工程が多かった。。。
これ、今まで2回くらい作りましたかね?
いつも食べたいな~と思って作り始めるんですけど、作ってる途中で“違うタルトにすればよかった…”って思うんですよねwww
でも、また食べたくなって作り始めて…(∀`*ゞ)エヘヘ


実はこのタルトたちを作った翌日にレッスンが入ってまして、この子たちは翌朝の朝ごはんとして1切れだけ消費されて、残りは全部冷凍庫にw
冷凍庫を整理しようと思って作ったのに、結局冷凍庫に戻るという…(;´∀`)
ま、でも、パーツの状態だと食べられませんけど、完成品にしておけばいつでも食べられますからね。
しまった、パン買うの忘れた!って時にとっても便利です(笑)

あ~、しばらくタルト作ってない&食べてないなぁ。。。
食べたいなぁ。。。。。
「作りなはれ」って声が聞こえてきそうですが(爆)


タルトといえば、毎年恒例(?)のこれも作ったんですけどね…
d0258538_10224694.jpg
た、タルトタタンです、一応。
一応ですけどね…(´・ω・`)
しかし、どうにも納得のいかない出来にw

d0258538_10224769.jpg
味は結構美味しかったんですけどね。
もう1個りんご使えば良かったのかな。
去年はもう1回作りましたけど、結局納得のいかないままに終わりました。。。
ので、今年の秋にはいい感じのを作りたいと思います。。。。。


この他に、去年は近所のお友達と忘年会をした時に、ケック・オ・シュトレンとクラッカン(イヴォワールとミルクの2種類)とブール・ド・ネージュ(フレーズと抹茶の2種類←クリスマスカラーを狙ってみた!)を作ってプレゼントというか、押付けたんですけど、いろいろ手を出したらギリギリになっちゃって、1個も写真撮れなかったんですよね…
結構頑張ったんだけどな~。

でも、ケック・オ・シュトレンのスパイスを入れ忘れたんだった…OTZ
スパイスが入っていなければ、もはやシュトレンではないというw
あ、そのスパイスなしのを自分でも食べてみましたけど、ちょっと(?)物足りない気はしないではないものの、そこそこ美味しかったですよ。
って言ったら杉本先生に怒られましたけどね…



2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
気づけば10月も過ぎ去り、11月も2日目でございます。
寒いですね。。。。。

寒くても、11月になろうとも、今日は9月のレッスンのことを書きます!!
だって、書かないと終わらないし…
いや、書かずに終わらせてもいいんですけど、書いておくと意外と1年とか2年とか経ってから確認するのに結構便利なんですよね。

というわけで、9月の岩柳先生のレッスンのお話。
d0258538_17061859.jpg
う~、このレッスンからもう2ヶ月経ったのね…
この道具類から、この月のレッスンがタルトだったんだなと思った方はお菓子を作り慣れてる方ですね(笑)

そうです、9月のレッスンはタルト(ってタイトルにも書いてあるけど)
それも、ぶどうのタルトでした!
ほら、今年はぶどうの当たり年だったのでw
d0258538_17061810.jpg
このタルトに使われているぶどうは、もちろん山梨の宿沢フルーツ農園のもの。
このブログではもう何度も書いてますけども、岩柳先生のご主人のご実家です。
普通、一つのケーキにこんなに色んな種類のぶどう乗せられませんよね~!贅沢♡

クリームの絞りも独特ですが、これはぶどうの粒のイメージなのだそうです。
ダマンドがしっかり甘めなのでフロマージュブランを加え、甘みもお砂糖ではなくハチミツで。
夏らしい(今は11月ですけどねw)サッパリとしたクリームです。


断面はこんな感じ。
d0258538_17062110.jpg
あ、もちろん、試食の時に合わせるドリンクは白ワイン (*´艸`*)
本当はシュワシュワと言いたいところですが、確かこの日はシュワシュワがなかったんですよね。

話がそれましたw
断面を見て頂くと分かるでしょうか。
クレームダマンド(アーモンドクリーム)が緑色をしています。
これはピスタチオの色。

もう少し寄った写真を載せてみましょうかね。
d0258538_17061952.jpg
わかります?
このクリームに使うピスタチオのペーストは、ピスタチオの香りが強いものと、きれいな緑色が出るものと2種類用意されていて、好みでどちらか一つでも、両方を合わせても、合わせる時の割合も決めていいとのこと。
そこは当然、両方合わせますよねw
私は、デコレーションでほとんど見えなくなってしまうので、ピスタチオの香りが強いものを多めにしました。


で、このタルトなんですけど、クリームの周りのぶどうはほぼ乗せているだけなので、組み立ててしまうとものすご~く持ち運びづらいわけです。
しかも、どだいのタルト部分はもちろん焼かないといけませんのでアツアツ、デコレーションのクリームとぶどうたちは冷え冷えなので、すぐに組み立てることも出来ません。

ということで、レッスンで作ったのはここまで。
d0258538_17062094.jpg
一番厄介なところは持帰って作りましょうというわけですねw
しかも、アツアツのタルト部分と、冷え冷えのクリーム&ぶどうという2つの温度のものを持ち帰るのでそれも若干ややこしいwww
でも、ぶどうは選びたい放題で、乗せたいだけ持って帰っていいという状況でした!
シャインマスカットも、藤稔も、こんな立派なやつ買ったらめちゃくちゃ高いのに…


で、がんばって持帰った後どうしたかといいますと、実は私、何も考えずに前回upしたシャルロットをこのレッスンの前日に作ってまして(苦笑)さらにこのタルトを組み立ててしまうととんでもないことになるので、数日間タルト部分には冷凍庫でお休みいただきましたw
でも、レッスンで持ち帰ったぶどうが生きているうちに組まないと、こんな色々なぶどうは用意できないなと思い、シャルロットを頑張って消費して、なるべく早くに組み立てました。
d0258538_17062015.jpg
あ、もちろん、クリームはそんなに持ちませんので、レッスンの時に持ち帰ったものは別途いただきまして、これは普通の生クリームとフロマージュブランが手に入らなかったのでマスカルポーネを合わせたクリームで仕上げてみました。
けど、やっぱりマスカルポーネじゃない方が良かったかも。

そして、見て一発でお分かりのとおり、クリーム立て過ぎたかも…OTZ
だって、この頃はまだすごく暑かったんですもの…(←ってことにしてくださいw)


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
ヤバい、9月が終わる…
え~、まだ夏休みの話を続けてもいいですか?(苦笑)
まぁ、書かないと終わらないので書きます!(別にすっ飛ばしてもいいんですけどねw)

さかのぼること今年のお正月(だったと思うんですが…)山荘に行って、いつも行くお店にいったらとあるショップカードが目に入りました。
お店の名前は、Maison du Jambon de Himeki (メゾン・デュ・ジャンボン・ド・ヒメキ)
手に取ってみると、姫木平で生ハム教室をやっているとのこと。
生ハム教室?と思ってとりあえず検索。
(↑exblogにリッチリンクなる新しい機能が付いたというので使ってみました!)

そしたら、生ハム教室(なんと、あの骨のついた生ハムを自分で仕込むということらしい…)の他に、生ハムのオーダーも出来るということが判明。
あの骨付きの生ハムが家にあるという光景、一度夢みたことありませんか?
私はありますwww
ただ、前にとあるバルでその話をしたら「ものすごく臭いので、絶対に勧めません」と言われ、プロがそう言うのならばとあっさりと家で骨付き生ハムの夢は諦め(笑)あのタイプの生ハムはお店で食べることにしたんです。
なので、めちゃくちゃ興味はあるものの、生ハム教室もオーダー生ハムも無理だよね…と思っていたら、骨付きでない生ハム(肩ロースの生ハム:コッパ)もオーダー出来るらしいことを発見ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
でも、それでも仕上がりが1.2~2kgとのこと。。。
う~む。。。。。
と悩むこと2カ月弱。
結局、コッパをオーダーしてしまったのです(∀`*ゞ)エヘヘ

で、ちょうど夏休み中の山荘にいる間に、そのオーダーしたコッパが出来上がりました~っという連絡を頂き、山荘から帰ったら受け取れるように手配。
そして、山荘から帰った翌日に生ハムキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
d0258538_18041574.jpg
あ、そうそう、コッパは1/2サイズでも受け付けてくれるとのことでして、最初なのでどんなもんか分からず、取りあえず1/2サイズにしたのです。
1/2サイズでも、家で食べるには十分すぎる大きさ(*´艸`*)

さっそく、その日の夜にいただきますっ♡
d0258538_18041538.jpg
当然、生ハムのスライサーなんてものはありませんので、なるべく薄く、薄く…と念じながら包丁で削ぎますw
いや、スライスしようと思ったんですけど、結果的に削ぐという言葉の方が合う感じでしてね…(´・ω・`)
きれいに薄くスライスできたのは1~2枚でしたね。

いやね、この生ハム、超美味しゅうございますわよっ!!!
脂が甘い♡
少しお友達にもおすそ分けしたりしたんですけど、まだまだ楽しんでおります(∩´∀`)∩ワーイ



で、話は全然変わるんですけど、前回は山荘でカーディナル作ったってお話でしたよね?
実はですね、夏休みに山荘でもう一つ作っていたものがありまして。
それがこちら。
d0258538_18041517.jpg
とあるケーキの半製品。
ちょっと、刷毛を持っていくのを忘れてしまいまして、リキュールを打つ時にスプーンを使ったらムラだらけになりましたけど、ここは隠れますからそんなに気にしない方向で…(えw

この完成品ですが、このブログには相当数登場していますので、読んでくださっている方はこれが何かお分かりかもしれませんね。
そうです、こちらです。
d0258538_18041595.jpg
マロンカシスですね、ええ。
夏休みが明けてすぐくらいに、my姉の誕生日がありまして、たまにはケーキでも作ってあげようかなとおもったんですよね。
ちょっと魔が差したといいますか…(←日本語おかしい?w)

とりあえず、半製品の状態で冷凍しておけるので、“気が向いたら姉のバースデーケーキにしようかな~”くらいの感じで山荘で仕込んだんですが、あそこまで仕込んでしまうと意外と“よし、仕上げちゃうか!”って思うものですね。
ちょっと、久しぶりに作ったら、端のクリームの処理を怠ってあまり美しくないのですが…
でも、my姉はそんなこと全く気にならなかったらしいですw(杉本先生にはキッチリ気づかれましたけどね…)
すごく喜んでもらえたようですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

やっぱりこのケーキってとてつもなく美味しいんですよね。
my姉のところも夫婦2人なので、このケーキ冷凍できるよ~って教えてあげたんですけど、冷凍する間もなく完食したとかwww
まぁ、喜んでもらえたので作って良かった。


で、今回、クリームを多めに仕込んだつもりだったのに、あまり残らず…
my姉のケーキにクリーム乗せすぎましたかね…
あまりものお菓子はこれしかできませんでした。
d0258538_18041504.jpg
市販のクラッカー(塩味)でマロンカシスクリームをサンド。
塩味との相性はどうかな?と思いましたが、これはこれでなかなか美味しゅうございました♡
このクリームったら最強ですなw


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]


気づけはすっかりお盆休みも終わって、8月も下旬になろうとしていて、ちょっとびっくりしています(笑)
台風も来たりして、なんだか夏ももう終ってしまうの?と思うとちょっと淋しい…

さて、気を取り直して溜まっているレッスンのお話を進めてしまいましょう!
来月早々にはまた次のレッスンの予約も入ってますしね。
d0258538_17094605.jpg
このところ、毎月通っているPatisserie Asako Iwayanagiの岩柳先生のレッスンです。
あ、今月のじゃなくて、先月のですwww

先月のメニューはこちら。
d0258538_17083786.jpg
ゆこうシトロンタルト~フロマージュブランと共に~(tarte citron vert YUKO)
はい、私の大好きなすっぱいケーキ♡
しかもタルト!
いつも岩柳先生のレッスンに誘ってくださるお友達のMisaさんからのメッセージを観た瞬間、絶対受けたい!!!と思いましたよね。

ところで、『“ゆこうシトロン”って何ぞ?』と思いませんでした?
私は思ったんですけどもw
“ゆこう”というのはかんきつ類の名前で漢字では“柚柑”と書くらしく(香りが強いことから“柚香”と書いたりもするらしいのですが)、ユズの変種なのだそうです。
主に、徳島県上勝町で栽培されているそうな。
以上は、Wikipediaが教えてくれいましたwww

確かに、レモンというよりユズの香り。
とってもいい香りでした~(人´∀`).☆.。.:*・゚
今年は、このレッスンの日に使ったものが最後の果汁だったそうで、個人的には入手できなかったのですが、ちょっと来年あたり取寄せてみたいかも?と思ったりしてます。

あ、そうそう、上の写真はまな板の上のままですが(笑)岩柳先生のお手本です。
先生は、デモンストレーションで2台作ってくださいまして、絞りのバリエーションを2種類見せてくださいました。
d0258538_17083798.jpg
こちらは、意外と普通の(笑)切り分けやすいスタイル。

d0258538_17091788.jpg
そしてこちらはスタイリッシュに、切った時のことは考えない(笑)スタイルwww
どちらもそれぞれにいい感じ。
さて、私はどちらにしましょうかね。。。

ってことで、仕上げたのがこちら。
d0258538_17083796.jpg
まぁ、ちょっといろいろやらかしましたよね…(;´∀`)
いや、先生がデモで見せて下さった絞りをみていて、何で少しとんがった感じにするのかな?と思っていたんです。
なので、私はいつもどおり絞ろうかなと思ってやってみたらんですけども…
実はこのクリーム、生クリームにフロマージュブランが入ってるので普通のシャンティイみたいに絞り終わりがなめらかに切れないんです。
(あ、誰ですか、普通のシャンティイでもお前が立てて絞るとなめらかに切れないじゃないかって言ってる人はwww)
でも、絞り始めちゃったので、そのまま進めたんですが、1周目だけだとちょっとどうにも…と思って、内側に2周目を絞ったら、輪をかけて何が何やらサッパリ…(´・ω・`)

そして、ナパージュもですね、先に塗るとクリームが滑って絞りづらいから後から塗った方が良いとのことで先にクリームを絞ったら、当初の予定よりいっぱい絞っちゃったので(苦笑)、クリームがじゃましてうまく塗れないし…
まぁ、でも、今回のケーキは全部ウチで消費したから良いかwww(←多分良くない…


あ、そうそう、この日の試食はこんな感じで。
d0258538_17083751.jpg
ゆこうを使ったクリームの中にはフロマージュブランを使った生チーズケーキ。
美味しくないわけないんだな~ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
というか、実は私、このケーキを2か月前のレッスンで食べてまして、美味しいのは知っていたのです!
だから、このレッスンが受けられるのは本当にうれしかった♪

そして、爽やかなタルトシトロンに白ワインが合うんですね~(*´艸`*)


ちなみに、今回は自分が作ったのの断面もちゃんと写真に撮っていたのです!(珍しいw
d0258538_17083767.jpg
試食で頂いた先生のケーキは、クリームを固める時間が短くて少し緩めだったのですが、私のはしっかり固まってくれてました。
…まさかゼラチンの量を間違えたということはないと思いますがw
あ、いや、ゼラチンが余ってたって言ってたから、多くとったってことは有り得ないな、うん。

ゆこうが手に入らなければ(って、今年はもう手に入らないわけですが)レモンなどで作ってもOKとのこと。
こういう酸味の強いケーキ、今みたいな暑い季節にぴったりなんですよね~。

たまには作ろうかな~。。。
でも、オーブン使うとキッチンが地獄と化すんですよね…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
今日もあっついですね…
暑くても、風があったり、カラッとしているといいのですが、湿度が高いとしんどいですよね…
然も私、今日、洋服の選択間違えたっぽくて、ものすごい暑いんですけども…(´・ω・`)


気を取り直して。
こんなに暑くなる前に作っておきたいもの。
それは、生地がだれると大参事になりかねない(苦笑)タルト系。
あ、ちなみに、パイとかチョコレートとかも暑いとダメなやつですが、ウチはもうずいぶん前からその辺は作れない環境になってますw
まぁ、パイは山荘で作ろうかな~なんて目論んでたりしますが。

で、私のだ~い好きなタルト系のケーキで、暑いときにはタルト生地がだれるので作りづらいし、寒いと寒いでクリームが締まってしまってうまくできないものがあります。
それがこれ。
d0258538_17403376.jpg
去年とか何度も登場しました、マロンカシスです。
今年はこれが2台目。
1台目は前に書きましたけど、真冬に作ったら生地の敷き込みは楽勝だったものの、クリームが締まっちゃったんですよね(1回作りなおしたのに、それでもイマイチだった…)
でも、5月のまだそこまで暑くない季節なら、タルト生地の敷き込みもいい感じに、クリームもきれいにできます(∩´∀`)∩ワーイ

実はこれ、お友達からのリクエストでして、これを作る少し前にとってもお世話になったお友達ご夫妻に差し上げたもの。
前にこれを食べてくれたそのお友達ご夫婦のご主人が、今まで私が押付けてきたケーキの中でこれが一番美味しい!と言ってくださっていたのです。
なので、お礼に作ろうかな~と思っていたところ、奥様からあのカシスのケーキが食べたい!とのリクエストが。
まだ奥様には食べてもらったことなかったんですよね~。

数カ月ぶりの絞りに若干緊張しましたが、まぁまぁ…ですかね?w
どうしても、最初は絞り袋にたくさんクリームが入ってるもんだから、間隔を開けずに絞っちゃって、最後に若干焦るというwww
まぁ、クリームはいつも多めに仕込むので、足りないということはあまりないのですが。

で、余ったクリームはどうするかといいますと。。。
d0258538_17403493.jpg
生地とかアーモンドクリームとかも少々多めに仕込んでおいて、自家消費用の小さいのを作るわけですねw
これを作る頃にはちょっとクリームがだれてきてしまって、あまりきれいに塗れなかったんですけども(汗)

しかし、このケーキはやっぱり本当に美味しい♡
私が作ったものですら、美味しいな~と思ってしまうんです、このケーキ。
また杉本先生のオリジナルが食べたい…
杉本先生が作ったマロンカシスなら、ホールごと抱えて食べたいwww


そして、もう一つタルト系を。
あんまりそんな気はしていなかったのですが、かなり久しぶりに作ったキッシュ。
d0258538_17403460.jpg
私はカーディナルのレッスンの時に食べてましたし、そんなに作ってない意識はなかったんですけど、調べてみたら、3月末のお花見用に作った時以来でした。

これを作る少し前に、オットと食事をしていたお店でタルトのようなパイのようなものをいただきまして、そしたら「そういえば、最近キッシュ作らないよね?あと、パイとかも…」と言われまして。
↑にも書いたとおり、もう到底パイは作れません!といったのですが、そういえば、キッシュ用のタルト生地が冷凍庫にあったような…(笑)
そして、そんなタイミングでmy母から大量のアスパラを押し付けられまして(my実家に2kgも送られてきたらしく、半分どうにかしてと言われ…w)これはもうキッシュ作るしかないよね、ってことで作りましたよ。

最近は、ずっとタルトリングを使った浅めのキッシュばっかり作っていたんですが、何となく、久しぶりに深さのある生地で作ってみようかな~と思い立ちました。
断面はこんな感じで。
d0258538_17403421.jpg
せっかく深い型で作ったので、ちょっと具を層っぽくしてみました。
一番下にじゃがいも、その上にベーコン、その上にタマネギ、その上にアスパラ(と色味を考えてちょっとベーコンも)
この写真で見ると、ちょっと卵液少なくない?と思われるかもしれませんが、実際はそんなでもないんですよ。と、先に言い訳してみるwww
まぁ、もう少し入れられたかもしれませんが…(∀`*ゞ)エヘヘ

あ、そうそう、今回トリュフソルトを入れてみたんです。
もちろん、本物のトリュフにはかないませんが、家でお手軽に香りを楽しむ分にはなかなか良かったのではないかと♪


マロンカシスもキッシュもまた作りたいけど、このまま暑い日が続くのかな…
まぁ、でも、キッシュならまだいけるかな。
…って、どこぞから、マロンカシスもまだまだいけるでしょ!!!って声が聞こえてきそうですがw


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
え~っと、かれこれ1ヶ月くらい前になりますか、レシピブログモニターでカリフォルニア産のくるみを頂きました!
今回のモニターはくるみを使ったヘルシーでおしゃれな料理やテーブルコーディネートなど、くるみのあるシーンの写真をInstagramにupするというもの。
おぉ、レシピ考えなくていいんだ!と思って気軽に応募しまして、見事当選したのですが、冷静に考えると、この私にテーブルコーディネートとか、レシピ考えるより難しいのでは…みたいな状況になりましてね…(;´∀`)

まぁ、でも、美味しいくるみを頂きましたので、センスないなりに色々やってみましたよ(苦笑)

まずは下準備として、くるみをローストするわけですが、その途中でふと“そう言えばくるみのキャラメリゼってやったことないかも?”と思い立ち、やってみました♪
d0258538_17540447.jpg
見た目が…OTZ
でもこれ、結構美味しかったですw
ただ、結構くるみの苦味がたってしまった気がしまして(やりすぎたみたい…)好き嫌いが分かれそうな仕上がりだったかも…?

そうすると、”その苦味をどうにかして抑えられないかな~”と思いますよね。
そこで、いろいろ考えてみようと思ったのですが、まずは単純に甘いものと合わせてみることにしました。
d0258538_17540504.jpg
そう、アイスクリーム♡
あ、このアイスクリームも自分で作ったんですよ!
あと、アーモンドチュイルもっ!!
自分で作りましたので、アイスクリームは濃厚で、かなりリッチな感じ(*´艸`*)

で、こうやってごく単純ではありますが、苦みのあるくるみのキャラメリゼとその辺で売っているのよりも全然リッチな感じの美味しい(←自分で言うw)自家製アイスクリームを合わせてみたところ、これが、いい感じにくるみの苦みが消えて、大成功!
それと、前にも書いたかもしれませんけど、今わが家にあるバニラビーンズは頂き物の全部タヒチ産でして、それが高級なことは重々承知してるのですけども、私はそんなに得意ではないんです。
それが、このくるみと合わせたことでタヒチ産の私には少し強すぎる香りもいい感じにおさまったような?
いやいや、我ながら単純と思いましたけど、この組み合わせは相当気に入りまして、その後、このキャラメリゼしたくるみは全てこのアイスクリームと共に食されましたwww


あ、ちがった、このキャラメリゼしたくるみを1回だけ別の物にも合わせたんだった。
それがこれ。
d0258538_17540482.jpg
お花見の頃にオットが作ってくれたキャロットラペにトッピング。
これがまた、食感が良くていい感じでした!
キャラメリゼではなく、ただローストしただけでも良かったのかもしれないんですけど、なんだろう、個人的にはキャラメリゼしたこのカリッとした食感の方が良かったのではないかと思っております、はい。


それと、普通にローストしただけのくるみも頂きましたよ。
d0258538_17540443.jpg
イングリッシュマフィンに卵のフィリングとソテーしたほうれん草でオープンサンドにしたのですが、なんか物足りないなと思ってくるみをトッピング。
そしたら、ちょっと雰囲気出てません?(←またしても自分で言うw)

まぁ、オープンサンドって食べづらいので、オットからは若干不評でしたけども。
ちなみに、なぜオープンサンドになったかと言えば、パンを買い忘れてイングリッシュマフィンが1個しかなかったからですwww


そして実は、このオープンサンドと、さっきのキャロットラペのプレートは同じ日の朝ごはんだったりしますw
d0258538_17540498.jpg
キッシュもあるし、サルシッチャのパテもあるし、イングリッシュマフィンが一人半分だって問題ないボリュームですよね?

意外とあっという間にモニターの締切が来てしまって、モニターとして応募したのはここまで。

でも、実は、くるみを頂けると決まった時から作りたいものがあったのです。
というか、ずっとずっと作りたいと思いつつ、なかなか作れずにいたものなのですが。
それがこれ。
d0258538_17540528.jpg
木の実のタルトです。
え~っと、作ろうと思い描いていたものとはだいぶ違う仕上がりになりましたので、このレシピの出自は書かないでおきますw

違う仕上がりになったポイントは、ナッツが大きすぎることと、キャラメルが弱いことではないかとのご指摘を受けました。
はい、そのとおりです…

これとは違う角度の、ちょっと色調も違う写真をFBにupしたところ、”何でカレーなんだろと考えてしまった”とのステキコメントを頂きましたよね。
カレーじゃありません。キャラメルです。。。

でもこのタルト、すごい美味しい♡
個人的にはかなり好みですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
いや、もうちょっとキャラメルを強くしたらもっと美味しいんでしょうけども。
そして、ナッツ(特にヘーゼルナッツ!)がもう少し小さいと、より食べやすいと思いますwww


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
え~、これまたかれこれ1ヶ月くらい前のお話です。

東京では既にすっかり咲き終わってしまった桜。
今年の東京の桜は咲きそうで咲かないと言いますか、開花宣言出たけど満開にならないみたいなもどかしい日が続きましたよね。
まぁ、長く楽しめて良かったということでもあるわけですが。
で、お花見って、仕事の都合もあるし、他の予定もあるし、程度見切り発車で予定を入れるじゃないですか。
そうやって、今年のお花見の予定を入れたんですけどね、お花は咲ききらないわ、寒いわで、結局中止することになっちゃったんですよね…(´・ω・`)
年度末とか年度初めに風邪でも引いたらその方が厄介ですから、中止は致し方ないというか、まぁ、それがまっとうな判断よね、ってことで。

ただですね、一応お花見の予定が入るとですね、なんか作っちゃおっかな〜とかおもってしまうわけですよ。
なんと言いますか、当日はもちろん楽しみなんだけど、その準備がまた当日と同じかそれ以上に楽しいわけですね。
そんなわけで、数日前からよなよな仕込みをはじめました。

が、↑に書いたとおり中止になっちゃって、そのおつまみたちは日の目を見ることなく消費されてしまったので、せめてここにだけでもアップしておこうかと。
って言っても、そんなにたくさん作ったわけではなく、いつもどおりでして…

d0258538_14382252.jpg
自家製サルシッチャの田舎風パテ。
この元のレシピはこちら→なんですけども、去年だったか、渡辺康啓先生のレッスンでサルシッチャのソースを習いまして、その時のサルシッチャにはこのレシピよりもたっぷり、色んな種類のスパイスを使っていたので、今回は家にあるスパイスをやたらめったらと(一応お肉に合いそうだなと思うものを選びましたけどねw)入れてみました。
そしたら、やっぱりスパイスが色々入っている方が個人的に好みな仕上がりになりまして、これからはこのお料理にはじゃんじゃんスパイスを入れて行こうと思いました♪

あ、そうそう、これにつかったお肉がですね、ちょうどこの少し前に埼玉にあるサイボクハムというところに行きまして、そこでゲットしてきたひき肉なんです。
お店の方の“挽きたてです~”の言葉につられてしまって…(笑)
でも、このお肉を買った時から、このパテを作ろうと思っていて、普通のひき肉のほかに赤身のひき肉も買って。今回は半々くらいで混ぜて使いました。
今度は全部赤身で作ってみても面白いかも?なんて思ってます!



そしてもう一つ、お久しぶりのキッシュ。
d0258538_14382240.jpg
ベーコンとグリーンピースのキッシュです。
…ただ、ちょっとしくじった(笑)
というのはですね、これ、直径20cmの型で作ったんですけども、私が見ていたレシピは16cm用のもので、具材と卵液が少なかったんですよね…
なんかね、具材を入れたときに、前に作ったときにはもっとグリーンピース感があったんだけどなぁと思ったんですよ。
で、卵液を流してみたら、明らかにおかしいw
いつもだったら、少し余るかも?くらいの量なのに、まだ全然入りそうな余裕があるんですよ。
ここで気づいて、具材はもうどうにもならないので、慌てて卵液を作りましたよね。
危なかった…

d0258538_14382273.jpg
久々のブリゼの空焼きだったので、また割ったりするんじゃないかとちょっと心配してたんですけど、敷き込みも焼き上がりもそこそこきれいにいってたのに。。。
最後の最後で超凡ミスでした…ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

まぁ、でも、卵液を足せたので“少し貧弱だよね”くらいでおさめられました(笑)
キッシュだけを考えると、これは結果的に自家消費になって良かったのかも?


で、このキッシュのブリゼは今回のために仕込んだわけではなく、冷凍庫に眠っていたものだったんですけども、空焼きをしたのは久しぶりだし、はて、何の時に仕込んだんだっけ?と思ったら、これでした。
d0258538_14562265.jpg
ちっと粉糖を振りすぎて、これは一体何なの?みたいになってますが、Tarte ardechoiseという栗のタルトなのです。
これ、私がMES ENFANTS CAPRICIEUXに通い始めてまだ数カ月の頃、Sクラスという杉本先生のデモンストレーションのクラスがあったんですけども、そのレッスンで見て、食べたことがありまして、栗大好きな私は“これ絶対作りたいな~”と思ってたんですけども、当時はタルト生地なんてまともに扱えないレベルだったので、ずっと作れずにいたんですよね。
あと、中に入っている栗なんですけど、これがマロンエトフェって言って、結構大きめの瓶詰じゃないと売ってないので、そこでまた心が折れてたんですよね(笑)
でも、どうしても食べたくなって、作ってしまったのです!
到底私には作れないだろうなと思っていたものが作れるようになっていて嬉しかったなぁw
あ、話がずれましたねw
まぁ、そんな感じで、お花見が中止になって日の目を見なかったおつまみたちは、朝ごはんやら晩ごはんのつまみとして着々と自家消費されたのでした。
d0258538_14382291.jpg
こんな感じで。
ちなみに、このキャロットラペですが、これはオットもまたお花見のおつまみをいくつか仕込んでまして、そのうちの一つです。
これ、美味しかった♪


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)
おうち居酒屋 ブログランキングへ

アメブロもやってます↓↓↓
d0258538_18493861.jpgfait main de CHAR

[PR]
実は、今年、私にしては珍しく、年明けの休みの間だけじゃなくて、その後も2月の中旬くらいまで毎週毎週何かしらお菓子作ってたんですよ。
あ、たまにレッスンで作る、というのもありましたけどね。
そして、今はすっかり止まってますけども…(苦笑)

そして、振返ってみると、なぜかカシスを使ったものが多かったんですよね。
最初に作ったのがこれ。
d0258538_14262376.jpg
やっと杉本先生のレッスン(@池袋コミュニティカレッジ)の復習ができた、Tarte aux Pommes Cassis、リンゴとカシスのタルトです。
この写真だと何のタルトだか分かりませんが(笑)
てか、シュトロイゼルがちと大きかったかな…(;´∀`)

このタルトのレッスンの時は神宮に直行しないといけなくて、自分で作ったものはまともに試食できなかったし、オットにも食べてもらえなかったんですよね。
なので、復習しないとな~と思いつつ年を越してしまってました…(∀`*ゞ)エヘヘ

で、改めて自分でイチから作ってみると、このタルトはなかなか手が込んでいるというか、シンプルなタルトのように見えるのですが、他のタルトに比べてちょっと手間がかかります。
でも、それも美味しいタルトに仕上げるためのひと手間。
杉本先生は家で作る分には省略してもいいと仰っていたような気はしますが、どうせつくるなら美味しく仕上げたい、ってことでレシピに従って作りました。

断面はこんな感じで。
d0258538_14262362.jpg
あ、ただ、あると思っていた冷凍カシスホールが思ったほどなくて、レシピの分量にはちょっと足りない仕上がりになってしまいました…(´・ω・`)
まぁ、その後で違う冷凍庫から発掘されたんですけどねw

…見てたら食べたくなってきちゃったな。
また作ろう!いつになるか分からないけど(笑)


続きまして、これまた杉本先生のレッスン(@池袋コミュニティカレッジ)の流れなのですが、久しぶりに…いや、家で作ったのは初めてかな?という感じのこちら。
d0258538_14262360.jpg
Miroir Cassis、ミロワールカシスですね。
で、何でこれがレッスンの流れかといいますと、12月に受けたレッスンが2つともジェノワーズショコラを使うアントルメでして、教室の器具等々の関係上、仕込みの量が多めだったので、結構な量が余ったんです。
それが冷凍庫で出番を待っていたので(笑)これを作ることに。
12月のレッスンで習ったケーキじゃないってところがなんとも私らしいと言いますか、アレですけどもwww

そして、久しぶりに作ったと言いますか、多分家で作っ他のはこれが初めてだったんですけども、したらグラッサージュでしくじりましてね…
レッスンの時は、グラッサージュを塗るときにしくじりましたけども、今回はもう、グラッサージュそのものを作る段階でしくじったっていう…( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
もちろん、作り直しましたけども。

ムースを使ったアントルメを作ると、たいていムースが余ります。
というか、杉本先生は、私たちが作るということを考慮して、敢えてそういうレシピにしてくださっているのだと思うのですが。
そうすると、こういう副産物(?)が誕生するわけですね。
d0258538_14262395.jpg
今回もこんなグラスデザートが2つできるくらいムースが余りましたので、キッチリ私が頂きました(ΦωΦ)フフフ…
惜しいのは、ムースが余るのが分かってるんだから、端っことかの切り落としたジェノワーズを取っておかなかったことですね。
あれをグラスの底に敷けばよかったのに…

あ、そうそう、レッスンで習ったミロワールカシスはシャンパーニュのムースとカシスのムースの組み合わせだったんですけど、この日はオットがいない日で、一人でシャンパーニュを開けるのも忍びないというか、開けちゃったら一人ではとても飲み切れないだろうと思いまして、白ワインのムースにしました。
もちろん、白ワインだったら飲み切れるというわけではなく、白ワインなら余っても料理に使うとかいろいろ方法があるじゃないですか。
気が抜けることもないし。


そしてもう一つ。
去年やたらと作っていたこれですね。
d0258538_14262308.jpg
Marron-Cassis、マロンカシス。
あれだけ作ったのに、冬場のわが家のキッチンは寒すぎて、どうしてもクリームが締まってしまう…
色々ては尽くしたんですよ…
というか、実はこのクリーム2回目に作ったもので、1回目はもっとどうしようもなかったんです。

いつもお世話になっているお店の女将(って雰囲気じゃないんですけども)のお誕生日にと思って作っていたので、1回目のクリームを作りながら頭の中真っ白になりましたよね…
でも、少し落ち着いたら、もう1回作れるだけの材料があることがわかったので、速攻で作りなおしたのです。
でもこれ…
去年(の寒くない時期)はかなりいい感じに作れていたんですが。
もう、冬場のマロンカシスは封印しようと思います…(´・ω・`)


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
え~、週末はあまりの寒さに割と家に引きこもっていたわけですが、風邪の症状についてはその後あまり変化がありません…
順調に回復傾向にあったのにな…年かな…いやいや、そんなはずは…
引きこもってたって言ったって寝てたわけじゃないしだからだわ、うん、きっとそう。


さて、本題です(笑)
何だかこのところ、食べ歩きネタがとっても多かった気がするので、今回は、一応お菓子も(たまに)作ってましたよ、というお話です。
まぁ、本当に“たまに”だったんですけどね(∀`*ゞ)エヘヘ

まず、あ…これ11月のことだなぁ…(苦笑)
DWL2015の2日目に参加した話は書きましたよね?
って、気づけばDWL2015も後夜祭を残すのみとなりましたね。
行きたかったな、札幌…

はっ、話がそれたw
え~、私、ドリのライブは基本的に翌日が休みの日を狙ってチケットを取ってるんですけども、今回は初日を外してしまって2日目の日曜日の参戦ということで、多分力尽きて翌日は仕事にならないだろうと踏みました。
ゆえに、事前に翌日は有休を申請www
他のお友達はみんなちゃんとお仕事してましたけどね。。。

そんなDWL2015の代休(笑)の日、オットも含めみんなお仕事ですから、相手にしてくれる人はなく、それならばと焼き焼き開始。
d0258538_17090408.jpg
Tarte aux abricot、アプリコットのタルトですね。
シュクレ生地で作りました。
なんかこれまで作ったのと違うな~と思ったんですけど、今まではブリゼ生地で作ってたんでしたよね、確か。
そりゃ全然違うはずだwwwww
まぁ、買い物に行くのも億劫で、家にあるものだけで作ったので仕方ないですね。
ブリゼ仕込んだら時間かかるし。
(ということにしておきましょうw)


続きまして、タルトつながりと言いましょうか、こちら。
d0258538_17090443.jpg
タルトタタンですね。
これは12月に入ってから作ったんだと思います。
確かね、アプリコットタルトを作った時に、一応ブリゼ生地も仕込んだんですよ。
で、そのブリゼ生地を使ったんじゃなかったかな~。
こうやって、お菓子作りの連鎖が始まって、冷凍庫の確保もしくは消費に困るようになるわけですね(笑)
ちなみに、今現在もわが家の冷凍庫の中が割と大変なことになっておりますw

あ、話がまたそれた。
先シーズンは、確か2台しか作らなかったんですけど、今シーズンはこの1台で終わってしまうかもしれません…(^_^;)
いや、作りたいことは作りたいんですけどね。

アプリコットタルトは、なんだかずっとタルトばっかり作っている気がして、断面の写真とかちゃんととらなかったんですけども、これはちゃんととりましたよ(笑)
d0258538_17090432.jpg
もうちょっと中まで濃い色にしたいんですよね…
いつもよりキャラメルも濃い目にしたつもりだったんですけど…
もっと長いこと焼いた方が良いんですかね…

あ、そうそう、初日は生クリームを泡立てる時間がなくて(何せ朝ごはんなのでw)このまま食べましたけども、翌日はちゃんと前の晩に生クリームを立てて準備しておきました!
d0258538_17090403.jpg
ちょっとクネルが不恰好だけど…
しばらくやってなかったので、随分と下手になってましたね…
そう言えば、去年の夏はアイスも作らなかったような気が…( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ

気を取り直して。
もう一つ、↑に書いたお菓子作りの連鎖の続きになるわけですが、こちら。
d0258538_17090406.jpg
一時期バカみたいに焼いていた(笑)キッシュですが、かなりご無沙汰でしたよね。
11月の連休に山荘に行ったら、産直のお店でものすごく立派なポロネギがめちゃくちゃ安く売っていたので、キッシュを作ろうを決めていたのです。
…あ、11月の連休に山荘に入った話を書いていない気がする。
小布施で美味しいお店があったんですよ。
これ次回書きますね(そしてまた食べ歩きブログに…)

また話がそれたw
そのポロネギとホタテのキッシュを2台焼こうと思ったんですけど、せっかくポロネギが安く手に入ったのに、ホタテの高いこと高いこと…
そしたら、スーパーで“あやめ雪かぶ”を見つけまして、こんなところで珍しい!!!と思って即買いしたので(しかも、安かったんですよね(∀`*ゞ)エヘヘ)一つは蕪とベーコンのキッシュにすることにしました。
いや、2台焼かなくてもいいんですけど、ブリゼ生地はタタンの分と合わせて2台作れる分量で仕込みましたので、どうせなら、と思ったんですよね。
1種類をずっと(ってほど持ちませんけどね、この大きさじゃ)食べ続けるより2種類の方が飽きないかな、とも思いまして。

前は、高さのあるキッシュがいいなと思って、わざわざそれ用の型を買って焼いてたんですけど、最近はタルトリングで低めに作る方が生地の食感がより楽しめるような気がして、タルトリングでばっかり作ってます。
でも、久しぶりに高さのあるやつ焼いてみようかな。
こないだ仕込んだ冷凍庫のブリゼ(またしても2台分w)が若干ジャマになりつつあるし…


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]