カテゴリ:OTHER LESSONS( 11 )

今週こそは、早い段階で1つupしたいと思います!

今日はなんだかとってもお久しぶりな気がするレッスンのお話。
先月、岩柳先生のレッスンはGW中のどうしてもいけないときしか空いていないということで泣く泣く諦めることになりました…
そしたら、Mさんから「今月、岩柳先生のレッスンを受けられないなら、武先生のレッスンを受けませんか?」とのお誘いが。
武先生とは、岩柳先生からPâtisserie de bon coeurを引継いで、現在シェフをされている先生です。
私は、Pâtisserie de bon coeurでは岩柳先生のレッスンを1回受けただけなので、武先生のレッスンは受けたことがなかったので、一度受けてみたいなと思い、Mさんにお願いして予約を取って頂きました♪

Pâtisserie de bon coeurは一昨年の秋に初めて岩柳先生のレッスンを受けた時以来でしたが、このお店、すっごく雰囲気がいいんですよね~。
ここでゆっくりお酒を飲みたい♡
あ、もちろんケーキもw

d0258538_10442557.jpg
さて、この日のメニューは抹茶のガトーオペラ。
オペラといえばグラッサージュ、そして撃沈という記憶しかありません(苦笑)
今回はオペラの抹茶バージョンということで、果たしてどんな結果になるのでしょう…

と思っていたら、今回のオペラはこういう仕上げでしたw
d0258538_10442684.jpg
グラッサージュなし!w
最大のしくじりポイントがないので、一気に気が楽になりましたwww

d0258538_10442605.jpg
製菓用ではない本物の抹茶を使った濃厚なクリームと抹茶のジョコンドにアプリコットの酸味とフィヤンティーヌの食感がアクセントになっていて、とっても美味しい♡
あ、そうだ、黒豆も入ってるんですよ!(だからデコレーションに黒豆が使われているのです)
で、この黒豆がまた美味しいんですよね~ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

実は、組み立て終わった後、余ったクリームをなめてみたら、ものすごくバター感が強くて“このクリーム大丈夫なんだろうか…”と思ったんですけど(苦笑)冷やし固めてみたらとっても美味しいクリームになってました♪
そして、抹茶とアプリコットの組み合わせって今まであんまり食べた記憶がないんですけど、これはかなり相性がいいと思います!


試食はもちろんシュワシュワとあわせて(*´艸`*)
d0258538_10442650.jpg
武先生のスタイリングは初めてですが、大きめのお皿を使って一辺に寄せた盛り付けは面白いですね!
いっつもケーキのサイズしか考えずにお皿を選んでしまうので、こういうアイディアは勉強になります♪

で、私がつくったのはどんな風になったかというと…
d0258538_10442574.jpg
粉糖ふりをほぼ初めて使ったので、それで線を描くとか不器用な私には100年早い技でして(笑)予想通りまっすぐな線が書けなかったので、ごまかすために2本クロスさせたら何だかよく分からなくなりました…ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

まあ、でも、味の方は問題なく、美味しくできてました♪
この翌日、お友達のお家にお呼ばれしてまして、このケーキはお友達のお家に持って行って一緒に頂きまして、お友達からも好評でした (´∀`*)ウフフ


ちなみに、そのお友達のお家ではすごいお酒を色々頂きまして…
d0258538_14404496.jpg
佐久乃花の金紋錦の純米大吟醸、しかも生酒♡
美味しくないわけないやつです!

この日は日本酒の会なのかと思ったのですが…
d0258538_14404447.jpg
バローロも用意してくださってました!!
バローロも色々ありますが、このバローロは美味しゅうございました(人´∀`).☆.。.:*・゚

で、このお友達と2年くらい前からティラミスを作るという約束をしていたのです。
なので、その約束を果たすべく、抹茶のガトーオペラの他にティラミスも作って、2種類のケーキ(…ティラミスはケーキなのか若干疑問ではありますがw)を持って行っちゃいました(∀`*ゞ)エヘヘ
…ただ、持って行ったティラミスはまたしても写真撮り忘れ。
d0258538_14404421.jpg
でも、本当に作ったんだよ!という証拠に、余ったビスキュイとクリームで作ったあまりものティラミスの写真を置いておきますw
今回は固さとかはいい感じだったんですが、ちと酸味が強かったので仕上げに入れるレモン汁の分量を間違えたような気がしないでもない…(´・ω:;.:...


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
気づけば1週間近く更新をサボってましたね…(;´∀`)
時が過ぎるのはなんて早いんでしょうw
まだGWのことを書き終わってないのに、もう5月も後半になりそうな勢いですね

今日のお話は、GW後半の前半に山荘に行ったときのことです。
こないだも書きましたけども、今回、山荘では、渓流釣りを楽しむオットに負けないくらい私も楽しんじゃおう!というのがテーマ(?)でして、前回ご紹介した上田の絶品ケーキ屋さん“パティスリー ラ・スール”のほかに、ここに行きたい!アピールをして連れて行ってもらったのがこちら。
生ハムのワークショップが有名な姫木平のMaison du Jambon de HIMEKI(メゾン・デュ・ジャンボン・ド・ヒメキ)です。
実は私、昨年こちらにコッパという生ハムをオーダーしてまして、今年も勿論頼もうと思っていたのですが、気づいたら申込期限を過ぎておりました…ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
痛恨のミス…

でも、何かイベントなどに参加してこちらの生ハムを頂けたらいいな~と、一応情報だけはチェックしていたのです。
そうしたら、GWからドライサラミのワークショップを始めるというじゃないですか!
これは絶対に参加したい!!と思って、4月半ば頃からオットに猛然とアピールですっw
そして、オット母も巻き込んでワークショップに申し込み、行ってまいりましたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ


もともと生ハムのワークショップをするところなので、工房のような外観を想像していたのですが…
d0258538_14061162.jpg
元々ペンションだったという建物がそのまま使われていました!
何となくイメージしていた建物と違ったので、最初は目の前を通り過ぎちゃいましたよねw

中に通されると、なんと、天井から生ハムがっ!
d0258538_14061295.jpg
これには驚きましたね(笑)
すごい!の一言です。

この生ハムが天井からぶら下がっているお部屋でしばし説明を受け、ここのワークショップで作ることのできるドライサラミの試食をさせていただきました。
d0258538_14061205.jpg
手前が、信州ポークのプレーンなドライサラミです。
この日作ったのはこれでした。
真ん中はチョリソー。
一番奥は光ってしまって何だか分からないかもしれませんが、ブラックペッパーを使ったものです。
このブラックペッパーのものだけ黒豚で作られています。

形を見ていただくと分かると思うんですけど、黒豚で作ったものは形が丸に近いまま残っているんですよね。
お肉の中の水分量が関係しているようです。

これを試食させていただきながら、色々な面白いお話も聞かせていただいて、いざ、ドライサラミ作りの始まりです♪

と、作業をする部屋に入ってみたら…
d0258538_14061219.jpg
どーん!!!
再び生ハム(笑)
これは今年…というのか、去年から今年にかけての冬のシーズンに仕込まれたものなのだそうです。

生ハムのワークショップ、やってみたいなぁ。。。
でも、一般家庭に生ハムが1本届いても困るじゃないですか。
…と思って、どんな方が生ハムのワークショップに参加されているのか聞いてみると、意外にも一般の人が多いのだそうです。
でも、一般家庭ではもてあますのでは?と食い下がると、さすがに豚の後ろ足で作るジャンボンは一般家庭ではなかなか難しいかもしれないけれど、前足で作るパレタならばホームパーティーをしたり、毎日の晩酌のときにちょいちょい食べていたら、気づくとなくなっていたという方もいらっしゃるのだとか。
そうなのか…
来シーズン、ちょっと考えてみちゃう??(いやいやいやいやw)


あ、また話がそれました(笑)
この日は生ハムではなく、ドライサラミのワークショップ。
ということで、出来上がったのがこちら。
d0258538_14061282.jpg
私、前に調理実習でソーセージを作ったことがありまして、それと同じ感じかなと思っていたら、このお肉はかなり固いとのこと。
そして、時間が経つとさらに固くなるとのことで、先にオット母にやってもらい、つづけて私がやってみると、私の全体重をもってしても絞り袋からほとんど出ていかない状態に…
さすがにそのまま続けていても埒が明かなそうでしたので、半分くらいまで進めていただいて、残りのお肉が少なくなって圧がかけやすくなったところで再びやらせていただきました(苦笑)

このワークショップでは1人3本のサラミを作るのですが、今回はオット母と一緒でしたので、3本はごくプレーンに、もう3本は少しスパイスやハーブを足して仕上げました。

これを1ヶ月ほどこちらのMaisonで乾燥・熟成していただいて、出来上がったものを送っていただくことになっています。
既に半月くらい経ったので、あと半月ほどしたら完成品が手元に届くはず!
たのしみだな~(*´艸`*)

今月後半から6月のワークショップでは、白カビのドライサラミも作れるんですよね。
そしてそれ、やってみたいんですよね。。。
誰か誘ってもう1回行っちゃおうかな~(笑)


2017、私のゴールデンウィーク!

2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)
おうち居酒屋 ブログランキングへ

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
2日連続upなるか??
と思って書き始めたけど無理でしたw

さて、今回はレッスンのお話です。
レッスンといっても、いつも通っている先生方のレッスンではなくて、初めて受ける先生のレッスン。
というのも、とある方から“新しくレッスンを始める準備をしている先生がいらして、その正式レッスンを始める前のテストレッスンを受けてみないか”とのお話がありまして、先月は他に1つもレッスンを入れられなかったので、是非に!!!とこちらからお願いしてレッスンを受けさせていただきました(∩´∀`)∩ワーイ
テストレッスンということで、メンバーもこちらで集めて欲しいと言われまして、私なんかよりもたくさんケーキやらキッシュやらパンやらを焼いている同級生のKと、杉本先生のレッスンを一緒に受けたことのあるKさん(あら、どっちもKさんだw)と一緒に参加してきました♪

レッスンメニューもこちらから希望を出していいと言われていたのですが、何せ初めて受けるレッスンなのであーでもない、こーでもないと言っていたところ、先生から(あ、まだ正式レッスン前ということで、一応お名前は伏せておきます)、カルディナルシュニッテンはどうかとの提案が。
カルディナルシュニッテンといえば、これまでに杉本先生に2回習って、更に一度家でも復習したことのある大好きなケーキ♡
でも、私が作った物は食べると美味しいのですが、どうも仕上がりが美しくない…
なので、これをレッスンメニューにして頂けると聞いてかなり嬉しかったですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

そんなわけで、この日習ったカルディナルシュニッテンがこちら。
d0258538_17091044.jpg
苺のカルディナルシュニッテンです。
実は、私が最初に習ったカルディナルシュニッテンも苺のカルディナルシュニッテンでして、その時は杉本先生のレッスンだったんですが、その時とクリームが違っています。
最初に習った時は、確かカスタードを使ったしっかり甘みのあるクリームでした。
今回は、全く違う、すごくサッパリしたクリーム!
しっかり甘みのあるクリームの物も大好きだったのですが、これはこれでひとりで1本行けてしまいそうな美味しさです(人´∀`).☆.。.:*・゚

ところで、ケーキの後ろに何やら写っておりますが…
d0258538_17091015.jpg
一緒にレッスンに参加したKさんが、このレッスンにシャンパーニュを持ってきてくださいましてね(ΦωΦ)フフフ…
シャンパーニュに苺って完璧!と話していたら、先生が、ケーキに使った苺も余ってますよ~なんておっしゃるもので…
そう言われたらやっぱり、こう、プリティーウーマン的なw
(てか、プリティーウーマンの時ってシャンパーニュのつまみに苺を食べていただけで、中には入れてませんでしたかね…)


で、この日はもう1品、デモンストレーションがありました。
それがこちら。
d0258538_17091070.jpg
はい、キッシュです(∩´∀`)∩ワーイ
すいません、私がカットしたので、底生地がちょっとガタガタ…
いや~、キッシュにシャンパーニュ。最高です♡

さて、このキッシュの具材は何かといいますと…
d0258538_17091079.jpg
見えますかね?
タケノコなんです(*´艸`*)
季節ものですからね~♪
私、去年、タケノコと牛ひき肉を合わせたキッシュを作ったんですけど、ちょっと牛ひき肉が強すぎたなぁと思っていたんですよね。
今回はタケノコとベーコンで、こっちの組み合わせの方がバランスが良かったです。

なぜ、先生が今回キッシュのレッスンをしてくださったかといいますと、実は一緒に参加した同級生のKが、キッシュがうまくできない…と言ってまして、そんなお話をしたところ、ではレッスンメニューにしましょうと言って加えてくださったのです。
先生のテストレッスンなのに、こちらの要望をたっぷり聞いて頂いて恐縮です…
でも、このレッスンの後、Kはいい感じのキッシュが焼けるようになったらしく、とっても喜んでました!
ありがとうございます(人''▽`)☆


え~、さて、↑の写真は全部先生のお手本でして、私のレッスンの成果はといいますと…
d0258538_17091058.jpg
先生のと全然違う…OTZ
まぁ、組み立てる前というか、生地を絞っているときからこうなるだろうと勘付いてはいたのですが。
というのも、生地を絞る目安となる線があったんですけども、私のはその線から大きく外れていましたので…(´・ω・`)
その結果、先生のお手本のような、キリッとした高さのあるカルディナルシュニッテンではなく、なで肩の横にでろ~んとしたカルディナルシュニッテンになりましたとさ…

味は美味しかったですよ!
いや、先生のやつの方が美味しかったですけどね、そりゃ…
でも、イケてないところが分かりましたので、近いうちに復習することにしました。
先生にも、早めに復習することが上達の秘訣だと言われましたし。
ええ、杉本先生にも散々同じこと言われてきてますけども。

そう言いながら、いつもすっごく時間が経ってから復習するこの私が、なんと、今回は、既に復習済みだったりします(´∀`*)ウフフ
このケーキは苺があるうちに作らないとですからね。
でも、そのお話はまた後日~(´∀`*)ノシ


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
え~っと…ご無沙汰しております(汗)
無事ですwww
例年そんなに思ったことはないんですが、というか、今年も思ってはいなかったんですが、今年もあと1ヶ月とかになってくるとにわかに忙しくなるものですね。
何だかやることがてんこ盛りです(特に仕事…。
しかも、仕事が割と忙しいとか言いながらじゃんじゃん遊んでもいるし、遊ぶ予定も入っているので、年内にどこまでブログup出来るかなというところです。
相当来年に持ち越しになって、詳細を忘れそうな気がします…( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽ
ま、いっか。


さて、ここからが本題。
先月の初めの頃のことですが、ものすごく久しぶりにコルドンで洋菓子のレッスンを受けてきました!
というのも、ある日突然、FlammeVerte(懐かしいなぁ…。もうなくなっちゃったんだよなぁ…)のレッスンお友達から
「コルドンで“ル・ポミエ”のマドレーヌシェフのレッスンを取ったのですが、どうしてもいけなくなってしまい、代わりに行ってもらえませんか?」
とのメッセージが。
たまたまその日は空いておりまして、レッスンに行くことは可能だったのですが、コルドンHPで確認してみたら、プロフェッショナルシリーズのマスタークラスのレッスンじゃないですか…
いや、先日の空也五代目のレッスンもマスタークラスだったんですけども、あれはコルドンで和菓子ってことでしたので、私なんかでもいけちゃうかかも?なんて思って申込んだんであって、洋菓子となるとちょっとひよりますよね。。。
サブリナレッスンとかならまだしも、マスタークラスですからね~。
でも、私が行かないと無駄になってしまうとのことで、「何ごともチャレンジ!」と思うことにして、参加することを決意しました。

そんなレッスンで教えて頂いたのがこちら。
d0258538_13545147.jpg
Classique Framboise、クラッシック・フランボワーズです。
マジパンを使ったビスキュイ生地でガナッシュをサンドした、濃厚だけどみた目ほど重くないとても美味しいケーキ(人´∀`).☆.。.:*・゚

マスタークラスということで、皆さんから置いていかれるのではないかとドキドキしていたのですが、この日は何と2人1組で作業をするとのこと。
余計混乱…(;´・ω・)
まず、自分の作業すべき場所がどこかわからないというところから始まりましたよねw
私とペアになってしまった方には本当に御迷惑をお掛けしたのではないかと。
すみません…

試食はこんな感じで。
d0258538_13545254.jpg
う~ん、層が均一で美しい。
本来ならば、もう少し落ち着けてから頂くべきケーキだということで、出来たてよりも少し置いてから、出来れば少し熟成させて翌日(以降)に食べた方が美味しいケーキだというお話だったのですが、出来たてでも十分美味しかったです♡

このケーキ、一人ではとても再現できないだろうな…と思うような、とてつもなく難しいと思うようなものではなかったのですが、レッスン自体はかなり時間が押しまして、とりあえず自分が持って帰る分を確保して、デコレーションもせずに終了、という感じだったんですよね。
私みたいなアタフタしたのがいたせいで遅くなったのではないかという気がしないでもないのですが…アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ

なので、カットもしていない(端も落としてないw)大きなケーキとデコレーションにと頂いたフランボワーズを持って帰り、家でカット&デコレーション。
おかげで、いくつかのパターンを試すことが出来ましたw

一つ目はこれ。
d0258538_13545273.jpg
キッチリ斜めに粉糖を振る予定だったんですが、ぼやっとしてしまいました…(´・ω・`)
そして、なにやら層があまり均一じゃないwww

続きまして…
d0258538_13545103.jpg
両端に粉糖を振ったパターン。
これ、シンプルで結構好きだったりします♪

更に、これにフランボワーズを乗っけてみたり。
d0258538_13545128.jpg
これもこれで良いですかね~。
本当は、マドレーヌシェフのようにマカロンを乗せるのが一番ステキなんでしょうけども、マカロン作る余裕なんて全然ありませんでしたw
ってか、そもそも私、マカロンは作れないんじゃいかっていうねwww
(レッスンで撃沈して以来、作ってませんからね~w)


いやしかし、普段行かないレッスン、それも専門学校のレッスンなんかに参加すると、色々自分の至らなさを再確認させられますね。。。
この頃、若干病んでたので、このレッスンの途中に
「私がこんなレッスン受けたところで何の役にも立たないのに」
とか
「もうお菓子のレッスン受けるのやめようかな」
なんて思ったりして。
まぁ、結局この後にもレッスン受けてますけどw
今月もこれからレッスンが控えてますけどwww

でも、最近、家で全然お菓子作ってないんだよなぁ。。。


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
いよいよ明日から連休ですね!
あ、明後日からの方もいらっしゃるのかな…すみません…
この連休、シルバーウィークって言われてますけど、何か微妙にテンション上がらなくないですかね、シルバーって…
ゴールデンって言われると“おぉ!!!”ってなりますけど(ならない?w)シルバーだとなんか、こう…(結局うまく説明できない…)


気を取り直して、先週でしたか、お友達のNさんが海外から一時帰国してまして、そのお友達と一緒に、某パティシエール(←いい加減、お名前を出せばいいような気がしてきました(笑 )の特別レッスンを受けちゃいました♪
d0258538_13522665.jpg
メニューはごらんのとおり、マロン・カシス、モンブラン、そしてムラング・シャンティイ・キャラメルっ♡
すごくないですか、このラインナップ!

これ全部Nさんのリクエストでして、去年はざっくりと、ムースの中に別のムースを組み入れるアントルメというリクエストだったんですけど、今年はメニュー指定でした!
本当は、今巷で話題になっている(笑)ガトー・マルジョレーヌもご希望だったようなのですが、さすがに単発のレッスンで生地から組上げるところまでやるのは無理でしょうということと、オーブン事情もあってNGとのこと。
まぁ、あれはちと無理ですよね、やっぱり…w

で、私はと言えば、マロンカシスは講習会でデモンストレーションを拝見し、実習のレッスンを受け、更に家でも2回復習していますし、モンブランにいたってはこれでレッスン3回目(もしかしたら4回目?w)なので、某パティシエールから「ところで、マロンカシスとモンブランはcharさんも作るの?」と言われる始末w
しかも、そこで実際にしばし悩む私www
まぁ、でも、今月に入って全くお菓子を作っていなかったので、ちょうどいいかなと思って全部作ることにしました♪
d0258538_13522619.jpg
出来上がったものはこんな感じで。


場所は、私の家からほど近いスペースをお借りしたのですが、一番困ったのが冷蔵庫!
一般家庭にあるような冷蔵庫が1台あるだけでしたので、この生菓子3種類を3人分保存するのは到底無理な話でした。
でも、無理って言っても何とかしなければならないので、1種類仕上がる毎に私が自宅にダッシュして自宅の冷蔵庫に保管しに行くという状態にwww
まぁ、いいんですけどね。

では、1品ずつご紹介。
d0258538_13522629.jpg
まずはMont-Blanc(モンブラン)。
ええ、ええ、もう何度も習ってますよね。
過去にこのアンジェリーナスタイルのモンブランを2回(か3回w)、和栗のモンブラン、カボチャのモンブラン、安納芋のモンブラン…
なのに、どうも上達しないモンブランクリームの絞り。
今回はといいますと…
d0258538_13522610.jpg
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
あの、最初レッスンの時の衝撃的なアフロ(笑)まではいかないものの、かなりヤバいですよこれは…
某パティシエールからも、
「こら~!char(←実際には名字呼び捨て)~~~っ!!!(怒)」
とお叱りを。
そりゃそうですよね、何度教えてもうまくならないんですから…(´・ω・`)
すみません、復習します。。。。。


気を取り直して(?)次はこちら。
d0258538_13522608.jpg
Meringue Chantilly Caramel(ムラング・シャンティイ・キャラメル)
これは今回私が初めて習う、そして、私が大っっっ好きなケーキです(´∀`*)ウフフ
習いたかったんですよね~、これ。
Nさんからムラング・シャンティイの名前が出た時は“よっしゃ~っ”って思いましたもんw

まぁ、そんな初めて習うムラング・シャンティイの出来はこんな感じで。
d0258538_13522745.jpg
どうも、クリームの絞り方にボリュームがないんですね、私。
だからお手本に比べて立体感がでてなくて、貧弱でちょっと残念。

メレンゲ生地の絞りも1つ目が一番良かったという…
まぁ、これはありがちですが(あれ、そんなことない?w)

で、さっきも書きましたけども、深刻な冷蔵庫事情がありましたので、私、このムラングシャンティイは1つしか仕上げずに、残りはあとで組むことにしました。
そしてこの判断、大正解!
後からこの時の自分を褒めてあげたいと思う結果となりましたw

さて、最後の一品はこちら。
d0258538_13522677.jpg
Marron Cassis(マロンカシス)
もう、私は本当にこれが好きで好きで、これの作り方を習った時には感動しまして、で、既に家で2回作っちゃったりしてるやつです。

今回初めてこのタルトを召し上がったNさんも”これはっ!!!”って相当気に入ってらっしゃいましたし、食べた人を虜にする罪つくりなタルトです♪

さて、私が作ったものはといえば…
d0258538_13522719.jpg
これに関しては、“絞りがうまくなった!”と某パティシエールにお褒めの言葉を頂きました!!!
ヤタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!
やっぱり復習大事。
何度もレッスンは受けたものの、家ではほとんど作ったことのなかったモンブランとの差は歴然ですよね。

いや、だってほら、オットがモンブラン好きじゃないんですよ…
そういうのって作りづらいじゃないですか…
って人のせいにしてみるw(←これが一番イケナイ…

まぁでも、1つだけでもお褒めの言葉を頂けたので、ちょっとホッとしました。
やっぱり作り続けないとダメですね~。


3品全部作り終わって、片付けも終わったところで至福の試食ターイム♡
d0258538_13522607.jpg
さすがに3品ですし、出来上がった頃にはすっかり夕方になってましたので、お夕飯のことも考えて半分ずつに。
でも、どれも出来立ての3品ですから、後のことを考えなければ3つ全部ペロッとイケましたね、これは(ΦωΦ)フフフ…

久しぶりにレッスンを受けて、すっかり忘れていたことや(えっw)、分かっているつもりでもやっぱりできていないことなど、改めて確認できたと思います。
マロンカシスもモンブランも作ってよかった♪


ただ、Nさんは日本ではホテルで生活されてますので、この日に実習した
・直径16cm大のマロンカシス1台
・モンブラン5個
・ムラング・シャンティイ・キャラメル3個
を全部保管されることは到底不可能、ということで、マロンカシス1/2台、モンブラン2個、ムラング・シャンティイ・キャラメル2個だけをお持ち帰りになり、残りはすべて私が頂くことにw
そして、私もマロンカシス1台、モンブラン5個、ムラング・シャンティイ・キャラメル1個を作っていますから、最終的に、
・マロンカシス1台半
・モンブラン8個
・ムラング・シャンティイ・キャラメル2個
をわが家に迎え入れることになりましたw
いや、本当にムラング・シャンティイ・キャラメルの仕上げを1個で終わらせておいてよかった…(笑)

結局、冷凍可能なマロンカシスは冷凍庫へ、モンブランはうち5個をお友達に食べて頂いて、どうにかこうにか、でも、どれもとっても美味しく頂きました♪
(…あ、マロンカシスはまだ残ってるんだったw)


そうそう、先日、久しぶりに杉本先生のブログが更新されていました!
なんと、杉本先生の案内でクリスマスシーズンのフランスを旅するという、ステキすぎる企画があるそうです!!
気になる方はこちらからどうぞ!!!→

いいな~、行きたいな~。。。。。


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
いやはや、まさか昨日も更新できないとはw
このまま週末に突入ってのも淋しいので、今日は何としてもupします!

さて、先々週の週末でしたかね、またしても代官山のLe Cordon Bleuに行ってきました。
そして、今回も和菓子w
先日の練り切りのレッスンに引続き、ぎんざ空也の五代目 山口彦之氏のレッスン。
今回は製餡のデモンストレーション。
d0258538_16315997.jpg
なんと、空也で実際に使っているという練り餡の配合をそのまま(…というか、勿論量は減らしてありますけども、割合は全く同じで)そして、工程もほぼそのまま教えて頂きました。
なので、あまり詳しいことをネットなどに書かないでくださいとのこと(笑)
大丈夫です、ひと様のレシピを盛大に公開したりしませんからw

なんでこの講座を受けたかというと、私、多分ほとんど餡を炊いたことがなくて、今年はお汁粉が食べたい!って言って一度炊いたんですけども、果たして本当にこれでいいのかという疑問というか不安というかが付きまとっていたんですよね。
なので、一度ちゃんと教わってみたかったのです。

何となく知ってはいることなんですけど、目の前で見せて頂くと分かりやすくて“おぉ、あんこ炊きたい”って気持ちになりました。
…2週間経って、まだ炊けてないけどw

デモンストレーションの内容から少しだけご紹介。
d0258538_16315955.jpg
これが煮始めたばかりの小豆。
まだ豆にしわが寄っています。

これがしっかり煮上がるとこんな風に。
d0258538_16315949.jpg
こんな風に指で軽く押すと潰れるくらいまで煮ていきます。
そして、ここから砂糖を加えて炊いていくわけです。

あ、そうそう、最初の写真は試食で頂いた生餡と言われる砂糖を加える前の状態のものと、砂糖を加えて練り上げたもの。
やっぱり砂糖を加えて練り上げたものの方が断然美味しいわけですが、生餡も思ったより美味しくて、私は両方ともすっかり完食してしまいました(´∀`*)ウフフ


空也では最中に詰める餡ということで、最中の皮の食感を維持するための水分の調整、そして、最中の皮との味の相性を考えた甘さを考えてこの配合にしているとのこと。
餡の炊き方については、それこそお店の個性が出るところで豆はどのようなものを選ぶのか、渋きりはどうするのか、砂糖はどのようなものを選ぶのか、等々お店によって、また、商品によって色々違うのだそうです。

面白い餡として紹介してくださったのが、切腹最中で有名な新橋の新正堂の“景気上昇最中”
黒糖を使った真黒な餡が詰まっているそうで、黒字→景気上昇ということだそうです(笑)
切腹最中は前に頂いたことがあるのですが、景気上昇最中も気になりますね!

空也の最中、切腹最中、景気上昇最中、一度食べ比べをしてみたいです。
あ、吉祥寺の小ざさの最中もいいですね~♪
って、さすがに一度に4つはきついかな…(笑)


この日のレッスンはお土産付きでして…♡
このレッスンのお土産と言えば、モチロン空也の最中です!!!
d0258538_16315987.jpg
人生二度目の空也の最中(∩´∀`)∩ワーイ
そうそう、レッスンの試食で頂いた餡は、まさにその場で炊き上げた温かいものを頂いたので、甘みも強く感じたんですが、冷めて落ち着くとさっぱりとした甘さに。
そこまでちゃんと計算されています。


そしてもう一つ、空也の練り餡も分けて頂きました(人´∀`).☆.。.:*・゚
最中の皮を買ってくるには少し量が足りない感じだし、さてどうしよう?と考えた結果…
d0258538_16315990.jpg
餡子サンドにして翌日のランチにしちゃいました~(∀`*ゞ)エヘヘ
本当は、パンから自分で作ればよかったんだけど、そんな余裕はなく、買ってきたパンで。
いつもより100倍充実したランチになりました~♪


…色々忘れないうちに餡炊かないとですよね。
が、がんばりますっ(;´・ω・)


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
え~っと、杉本先生のブログがまだいいところまで行っていないので(笑)、MES ENFANTS CAPRICIEUXの第1回同窓会の続きはまた今度ということにして(もう一度、先生を急かしてみるw)、今日は私にしては珍しい和菓子のレッスンを受けてきましたよ、というお話です。
しかも、なんと、あのLe Cordon Bleuでの和菓子レッスンだったのです!
最初にこのレッスンの情報を見た時は軽く目を疑いましたよねw

そんな、ちょっとびっくりな和菓子レッスンだったのですが、講師はさすがLe Cordon Bleuと言いましょうか、あの空也5代目 山口彦之氏です。
5代目は空也の姉妹ブランドのぎんざ空也 空いろを立ち上げられたことでも注目を集めらていらっしゃいましたよね。

さて、そんな空也の5代目に教えて頂いた和菓子は練り切り。
d0258538_16312231.jpg
いや、この講座案内を見たときは
“これは申込むしかないっ!!!”
と思って即申込みましたけど、和菓子を作った経験はもちろん(あ、わらびもちとかならありますけども…)知識もほとんどないわけで、レッスンの日が近づくにつれて、いきなり練り切りなんて大丈夫かなと不安になり初めましてね…
しかも、勢いで申し込みを済ませた後にレッスンの案内をよくよく読んでみたら、レベルは製菓学校の卒業生対象だし、学校又は職場指定のユニフォームでとか書いてあるし(持ってない場合はそれなりの格好でとも書いてあったのでホッとしましたけども…)、ものすごく場違いな講座に申し込んでしまったんじゃないかとドッキドキでしたよね…

が、当日、受付を済ませて待っていると、割とエプロン姿の方が多数♪
かな~りホッとしましたw

そんなこんなで、レッスンスタート!
まずは5代目から和菓子の歴史を簡単にレクチャーして頂いたのですが、これがまたとても興味深いお話でした。
和菓子とは、その名が示すとおり日本のお菓子のことですが、菓子というのはそもそも果物や種子(ナッツ)のことをさしていて、それが中国やヨーロッパ等から色々な文化や技術が入ってきて現在の形になったそうです。
もういい年なので(苦笑)、こういうお話を聞く機会も殆どなくなっていて、すごく面白く、興味深く、すんごいいっぱいメモとりながら伺いました。

そして、いよいよ実習です!
d0258538_16312245.jpg
さすがに餡子は用意されていますw
そして、これは場所柄というのでしょうか、練り切りに模様をつけるための道具はマジパンの道具でした。

まずは練り切り餡だけを使って、ひたすら餡を包み込む練習。
これがなかなか難しい…
何度やってもなかなかきれいにできないんですよね…
かなり何度も繰り返しやったんですけども、イマイチ納得のいかないまま本番です!

本番で実習したのはこちらの2種類。
d0258538_16312233.jpg
撫子と藤です。
着色していない練り切り餡と着色した練り切り餡の2種類を使って小豆の餡子を包んでいくのですが、キレイに色が出せない&小豆餡をうまく包み切れない…orz
特に藤の方はもう少し藤色を出したかったんですけど、難しいですね。
でも、まぁ、何とかそれっぽく見えますかね?

ちなみに、お手本はこちら。
d0258538_16312222.jpg
やっぱり藤の色が全然違うw
そうそう、このレッスンには5代目の他にトップの職人さんも来てくださってまして(とっても気さくでいい方でした♪)、5代目が説明してくださっている横であっという間にいくつもの練り切りを仕上げてくださいました。
この3つのお手本も全部職人さんが作ってくださったものではないかと。
あ、真ん中のものは、家で模様をつける道具がなくても、スプーンなどでこんなお花に仕上げることができますよ~という見本です。

難しかったけど、普段はなかなかできない作業だったので、楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

レッスンの後は、楽しい試食タイム(人´∀`).☆.。.:*・゚
d0258538_16312285.jpg
出来たての練り切り、絶品でした~・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

そうそう、この試食の時に頂いた練り切り、実習したものと色が全然違ったんですよね。
今回の講座では色粉で着色したんですけども、空也では色粉など使わず、全て天然のものを使っているとのことだったので、試食で頂いたものは空也のものだったのでしょうか♪
とっても美味しかったし♡

さすがに一度に練り切りを2つ頂くのは無理でしたので、この箱に入った藤の方は持ち帰ったんですけども、気になって家で自分で作ったものと比べてみると、やはり全然色が違いました。
d0258538_16312247.jpg
2つの藤のうち、左が試食の時に出して頂いたのを持ち帰ったもの、右が実習したものです。
色の濃い薄いとかではなく、そもそもの色が違いますよね。

食べ比べてみれば良かったのですが、それぞれを別に頂いてしまいまして…(*´σー`)エヘヘ
あ、どちらも美味しかったですよ~♡

そんなわけで、初めての練り切りレッスン、とっても楽しく有意義な時間を過ごせました!
今まで、何度かLe Cordon Bleuで単発のレッスンを受けたことがありましたが、作業的には今回のが一番楽しかったかも?
やっぱり初めてのことにチャレンジするのって楽しいですね~(´∀`*)ウフフ


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)

アメブロもやってます↓↓↓

[PR]
前回の更新から随分と間があいてしまいましたね…(;´・ω・)
先週のうちにクリスマス以外のレッスンネタを終えておくつもりだったのに…

まぁ、過ぎてしまったものは仕方ない(←あきらめが早いw

今回もレッスンネタなんですけども、いつも通っているクラスではなく、初めて参加した東京ガスのお料理教室のお話です。
東京ガスがお料理教室をやっていることは知っていたんですけども、あんまり近くになかったり、受けたいレッスンは平日の昼間だったりと、これまで何となく申込むこともなくやり過ごしていました。

が!
先日、すごいレッスンを見つけまして、しかも、日程は土曜日!!
これは申込むっきゃないっ( `,_・・´)フンッ
ということで行ってきたのが、東京ガスの特別料理教室「世界無形文化遺産 和食を学ぼう!」シリーズの1クラス、“「六雁」秋山料理長に学ぶ、小粋な日本料理”です♪
「六雁」は何年か前の結婚記念日に伺って以来、大好きなお店です。
が、なかなか高級なお店なので、記念日とか何か理由をつけないと行けません…(´・ω・`)
いや、理由をつけてもそうそう行けない、が正しいかな…(´・ω:;.:...

そんな「六雁」の秋山総料理長のレッスンとあれば是が非でもと気持ちを込めて(笑)申し込んだところ見事当選!
一発当選だったので、まさかあまり人気がなかったなんてことはなかろうな…と思っていたのですが、当日、同じグループになった方のお話を聞いたところ、最初の申込でいきなり当選したのは相当運が良かったようです。
2カ月ぶりにやっと当たったという方もいらしてビックリ(゚д゚)!
この日もキャンセル待ちだったという方が2人くらいいらっしゃいました。

さて、前置きが長くなりました…
そろそろ美味しい写真をupしときますねwww

この日作ったのは4品。
d0258538_11231309.jpg
これは、秋山総料理長のお手本です。
もっと1品ずつ寄って撮りたかったんですけど、何分初めて参加したもので勝手が分からず…(;´・ω・)

では、1品ずつ紹介していきますね。
写真はどれも実習したものです。
d0258538_11231217.jpg
まずは雲丹めし。
生うにを贅沢に1折り全部入れて炊き上げます!
美味しくないわけがない!!
そして、この上に乗った海苔がまたとても美味しいのです!!!
これはもう、何かの折に是非とも復習したいと思います(´∀`*)ウフフ

続いてこちら。
d0258538_11231273.jpg
鶏の豊年煮。
もち米を鶏肉で巻き込んで炊いていきます。
秋山総料理長曰く、おせちに入れても良いとのこと。
確かに!これがおせちに入っていたら嬉しい♡
…まぁ、年末年始は山荘に行くのでおせちは作らないんですけども(∀`*ゞ)テヘッ
でも、お正月に作ってみてもいいかな~と思いました。

3品目はこちら。
d0258538_11231281.jpg
彩り野菜の吹き寄せ。
彩り鮮やかなたくさんのお野菜を全て別々に炒めて最後に合わせます。
味付けは炒めるときのお塩とお麩に絡めたみたらし餡。
それだけで十分に美味しいんですよね~・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
ただ、お教室では6人ひとグループで手分けしてお野菜を切ったりしていましたので、これを全部ひとりできるとなると、若干気が遠くなるような気がしないでもないなぁなんて思ったりw
同じグループの皆さんも、ほぼ同意見だったようですwww
まぁ、でも、無心にお野菜を刻み続けるというのも、ハマると楽しかったりするんですけどね。

そして最後にこちら。
d0258538_11231385.jpg
トマトの味噌汁。
フルーツトマトを赤だしのお味噌汁に合わせてあります。
…実は、私、こういうのちょっと苦手というか、お味噌汁は普通にお味噌汁に合いそうな根のものや葉物、それにお豆腐やお揚げ、お麩などの具で頂いたらいいんじゃないかと思っているクチでして、このメニューに関しては、何というか、ちょっとアレだったんですよね。
でも、頂いてみてビックリ!
これはアリです!!!
トマトの上に乗っているのは溶きがらしなんですが、これがまたいいんですよ。
って、実は私、和がらしもあまり得意じゃなくて、本当にこのメニューだけは何といいますか、微妙な気がしていたんですけども、このメニューでまた一つニガテを克服することができたようです。

ちなみに、ここにモッツァレラチーズをいれても美味しいとのことだったのですが、それを試す勇気はまだありませんwww


最近、レッスンはケーキを一人一台作るか、お料理だとデモンストレーションで、ただただ美味しく頂く(笑)スタイルのものばかり受けていたので、6人のグループで作業をするというのは久々で、人見知りな私としてはちょっと戸惑ったりすることもありましたが、素晴らしいレシピを教えて頂けて嬉しかったです♪
あとはいかに復習するかですね…( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ
が、がんばります!

そうそう、今回、東京ガスのお料理教室ということで、東京ガスの超ハイテク(死後?w)ガスコンロのあるキッチンでの実習だったんですが、今のコンロはすごいんですね~!
説明してもらわないと、普通に火をつけることすらできませんでしたよwww
買い替えるときは、あんなハイテクコンロがウチにも!と思うと、ちょっとテンション上がっちゃいますよね(ΦωΦ)フフフ…


2つのランキングに参加しています♪
ポチッポチッと応援していただけたら嬉しいです○o゚(´+・ω・人・ω・+`)゚o○
(バナーをクリックして頂くとランクが上がる仕組みになっています)
おうち居酒屋 ブログランキングへ

アメブロもやってます↓↓↓
d0258538_18493861.jpgfait main de CHAR

[PR]
ついに、念願のこのレッスンを受講することができました!!
Ishimoto先生のクリスマスリースレッスンです!!
MATSUNOSUKE NYの平野先生がIshimoto先生の作るリースを“どれだけステキか!!”と大絶賛されていたのと、私が最初にIshimoto先生のアレンジで感動した作品がクリスマスのアレンジだったので、このクリスマスリースのレッスンは本当に楽しみにしていたのです。

今回のレッスンは“グリーンだけでかっこいいリースを作る”というのがテーマ。
Ishimoto先生曰く、グリーンだけ完成させたリースというのが一番かっこいいとのこと。
今回も先生が用意して下さった花材(っていっても今回はお花はないけどw)は素晴らしいものばかりでした・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・
d0258538_18020174.jpg

しかも、その量も充分過ぎるほど。
ちょっとその辺では手に入らない高級花材もあります。
香りもとっても良くて、ちょっとした森林浴気分ですw

その素晴らしい花材たちを、直径35cm以上はある先生のお手本のリース(不覚にも、このお手本リースの写真を撮り忘れましたよ、私。。。(;´д`)トホホ)と同じかそれ以上の大きさにしてくださいね、とのこと。
超・ゴージャスなリース作りの始まりです。

進め方を教えて頂き、後はそれぞれに自分のセンスでGO!
最初こそ“先生~!”という声があちこちで聞かれましたが、途中から皆さんスイッチが入ったようで(笑)黙々と作業が進みます。
もちろん、先生はその間も全員を回って“一度床に置いて確認してみましょう”とか、声をかけて下さいます。
Ishimoto先生はとってもほめ上手で、決してダメとは仰らないんですよね。
“どうですか~?”って見て頂くと、“すごくいい感じ、後ここにちょっと足すともっと良いんじゃない?”とか、必ずまず誉めてくださるんですよね~。
私はほめて頂くと調子に乗るタイプなので(調子に乗りすぎることも多々ありますが。。。)、とても嬉しくなってしまいます♪

そんな風にして出来上がった私のリースがこちら!
d0258538_11193677.jpg

どうです、なかなかステキでしょ!(←自画自賛w
最後にさしたユーカリがなかなか難しかったのですが、どうにか形になりました♪

ここでレッスン終了。
かと思いきや、第2段階がありました。
皆に配られたのは素材や色がバラバラの、でも、すごくステキな組合せのリボンの束。
組合せはそれぞれの束ごとにちょっとずつ違います。

そしてこのリボンをリースにつけるとこんな風に変身!
d0258538_18035542.jpg

ステキですよね~(^ー^* )フフ♪ (←自画自賛その2w
こんなステキなリースを自分が作ったなんて信じられません。
これも全てIshimoto先生のおかげです♪

リースが完成すると、いつものようにお茶の時間に。
今回のおやつはBon Bon Chocolatでしたヽ(∀`ヽ●)(ノ●´∀)ノ わぁい♪
d0258538_11194282.jpg

スノーマンのペーパーナプキンもかわいらしい♡

そしてさらに!
なんとIshimoto先生からクリスマスプレゼントがっΣ(・ω´・ノ)ノェェェ!!!
d0258538_11194518.jpg

このラッピングも一つ一つ先生がやって下さったんです!
ステキでしょ♡

中身はステキなガラスのオーナメントとタッセル。
作ったリースもそうだけど、ウチにこんなステキなものを飾るところがあるかしら。。。
がんばってセンスupしないとですね!!


レシピブログに参加中♪



アメブロはこちら↓↓↓
d0258538_18493861.jpg
fait main de CHAR

[PR]
すごいショックなことが。。。
先月、珍しくサボらずにブログを書ききることができたと思っていたのですが(あ、ちなみにお休みの日(有休や病欠wを含む)はブログもお休みですので、それはサボったことにはなりません!)、確認してみたら10月3日にサボってた。。。。。
先月の最後の方とかはもう初めての皆勤賞狙いで半分無理やりなブログまでupしてたのに。。。ウェーー(´⊃ω;`)ーーン

気を取り直して、今月またがんばりたいと思います!
…って言いながら明日で挫折したりしてw
確かにネタ切れなんですよね~。。。(・ω・;A)アセアセ


今月最初のブログは、華やかにお花のレッスンです♪
d0258538_1422981.jpg

7月のレッスンから早いもので3ヶ月。
前回の久々のMATSUNOSUKE NYのレッスンで、またGreen SerendipityのIshimoto先生によるフラワーアレンジメントレッスンのお知らせを発見!
MATSUNOSUE NYのレッスンを1回お休みすることになったこともあり、即・申込ました♪

今回のレッスンのテーマはハーベスト。
レッスンがHalloween直前だったので、先生はテーマをHalloweenにするかどうかすごく悩まれたとのこと。
でも、やはりまだ日本ではHalloweenはあまり定着していないし、おこちゃまイベントというイメージが強いのではないかということで、ハーベストというテーマが決まったそうです。
確かに、あまりHalloweenってなっちゃうと、Halloweenを過ぎた後に残念な感じになりかねないですもんね。
あ、でもIshimoto先生の選ぶ花材が残念な感じになるというのもちょっと考えがたいかな(o´∀`)o._.)ウン♪

今回のレッスンの花材はこんな感じ。
d0258538_14194714.jpg

季節なのでバラが2種類。そして葉物が多めです。
そしてここに“ハーベスト”というテーマならではのコーンと姫りんごをプラスします。
d0258538_14205681.jpg

姫りんごはフレッシュのもの、コーンはカチコチのドライです。

そして花器はこんなにステキなかご♡
“TRUG”と言われるもので、Ishimoto先生こだわりのものなのだそうです♪
d0258538_14235039.jpg

今回は、給水スポンジのセッティングも実習しました。
自分でやったから花器に合わせてカットした面がガタガタ。。。il||li (つω-`*)il||li
ま、見えなくなるので良いのですけどもね。ええ。

そして、今回私が仕上たアレンジがこれです!
d0258538_18110324.jpg

見栄えを良くしようと、Instagramで加工しましたが、実物もかなりステキです♡
モチロン、Ishimoto先生が選んでくださった花材とアドバイスがあってこそ、ですよ♪

持ち帰り用にラッピングして頂くと、よりゴージャスな感じ☆-(ノ●´∀)八(∀`●)ノイエーイ☆
d0258538_14302718.jpg

このリボンがまたすっごくステキで、テンション上がります!!

フラワーアレンジのレッスンですが、今回もお茶つきヽ(≧▽≦★)=3=3━!!
d0258538_143236100.jpg

あの(笑)辻口さんプロデュースのお店のお菓子なのだそうです!
そういえば、辻口さんのお菓子って初めて食べたかも?
美味しゅうございました!


Ishimoto先生は、来月もレッスンをやってくださるそうで、来月のお題はクリスマスリース!
Ishimoto先生のクリスマスリースは平野先生イチオシ!
平野先生曰く、とにかくステキなリースなのだそうで、今からとってもとっても楽しみです♡


(しかし、今日のブログ、いつもにもまして写真がボケボケでしたね。。。(。-дノ【反省】



レシピブログに参加中♪



アメブロはこちら↓↓↓
d0258538_18493861.jpg
fait main de CHAR

[PR]